体験記 就職

ブラック企業!飛び降り未遂 ~売れないものは売れねえよ~

投稿日:2018年8月21日 更新日:

コージです。大学留年録コージ!親前号泣、こんな真面目系クズに誰がした の続きです。

 

晴れて卒業した私は東京にある会社で働きだします。

ちなみに通勤時間は「1時間45分」です。

しかも小田急線、千代田線、半蔵門線と乗り換えるので

遅延が起きる事山のごとし」。この時点できな臭いですね。

 

その会社では新入社員は最初の二か月間埼玉で研修を受けることになっていました。

「うげ~遠いな~」と思いつつも、

同期と一緒に受けたビジネスマナー研修や社会人の一般教養教育は今でも役に立っています。

この会社に入って唯一良かったと思ったところです。

 

とにかく「自分の時間が第一」である私は、

基本定時で帰る研修施設でもその片鱗を見せていました。

本社の営業が出題してきた、終わらなかったら家に持ち帰ってやってきてという長い課題は「その場で終わらせて提出

同期が講師に質問があり居残りしている時に「○○!早く帰ろうよ!」

最速の電車に間に合うように「ダッシュで帰社」。

 

他にも「基本情報のカリキュラムで居眠り」や

同期で唯一基本情報試験に不合格」など実に使えないアホっぷりを発揮していきます。

というか、営業で入ったのにSE的なことやらされるなんて聞いてなかったんですが。

あらゆる小テストで「ほぼ最下位」をとり続け、

教育係にもこいつやべえなって思われてきたところで、研修終了です。

 

ところでわたしが入社当時配属を希望していたのは、

会社のメイン事業をつかさどる、いわゆる花形部署でした。

そこに入りたいがために入社したと言ってもいいでしょう。

しかし案の定というか、私はこの会社の赤字部署に回されることになりました。

 

さて、私は研修後二ヶ月も経たずに会社を辞めるわけですが、

それには色んな要因が絡んでいます。

そこでここは時系列ではなくあえて「理由別」に分けてお話しすることにいたします。

 

まず「通勤時間」です。

始業が「9:00」です。そして通勤時間が「1時間45分」ですね。

これに加え、社風として「メールチェックなどを済ませた状態が始業

という考え方を「本社に来て初めて知った」ので、

私にとっては実質「8:30」始業です。
現時点で差引き「6:45」に家を出るわけですね。

さらに「電車遅延が一切認められない」ので30分早く出ます。

これで「6:15」出発。この時点で話が違うと思いだしてきています。

それから本社勤務一か月後には「新人は早出して社長室の掃除」が加わりました。

これで「5:45」出発となり、確実に私を追い詰めていきました。

とにかく小出しにして、

段階的に拘束時間がレベルアップ」というスタイルに全くついていけませんでした。

 

次に「販売する商品がとても価値のあるものと思えない」です。

「海外から仕入れたある製品」を「一千万で売れ」という事業を担当する部署です。

どんなに製品の性能を眺めても、

せいぜい「百万」くらいの価値しかないように私の眼には映りました。

いくら営業しても、私も含め全く売れず、

そもそもなんでこの部署が成り立っているのかもわからない状態です。

あまつさえ部長から「君たちは他の部署で稼いだ黒字から給料が出てるんだよ」と言われる始末。

いよいよバカバカしくなってきました。

売れないとわかっているものを売ることほど辛いことはありません。

私が退職して二年後にその部署は無くなりました。当たり前だバカ

 

それから「残業代が出ると聞いていたのに、みなし残業」だったという点です。

そもそも「毎日残業三時間は当たり前」のような職場だったので、

せめて残業代くらいは欲しかったのですが、

これだけは面接で聞いていた条件と大きく異なりました。

営業はいくら残業しても一律月々二万円です。

6時前に家を出て、11時に家に帰る生活を「まっとうな賃金も支払わずに

強いられているかと思うと、怒りがふつふつと湧いてきました。

今でも書いていてキレそう。

 

最後に「フロアの雰囲気が全体的に暗い」です。

省エネなのかなんなのかわかりませんが、

照明が全フロアに渡って薄暗いのです。

地味ですが着実に気持ちが暗くなってくる自分がわかりました。

共に研修を過ごした同期はバラバラに配属」されたので、慰め合いも中々できません。

フロアが暗いせいか、誰も事務的なこと以外喋りません。

世間話は皆無です。同じフロアに100人は社員がいるのにです。
セキュリティ上、「スマホ等は入口のロッカーに預ける」という点も含め、

(このシステムの賛否はさておき)いよいよ奴隷じみてきたなと実感してきました。
一つ上の先輩の顔色が非常に悪かったので心配して声をかけると、

これが社会人になるということや(関西弁)」と意味不明な一言

あ、これが俺の来年の姿か。」とハッとなりました。

 

これらの精神的ボディーブローを受け続け、

私は追い詰められ会社最寄り駅の階段から飛び降りてやろうかと思うようにまでなりました。

が、結局その勇気はなかったので退職を決意します。

 

次回、三か月で退社!武勇伝系上司、この世で一番ウゼェやつ に続きます。

当ブログでは仕事を辞めたい人向けに退職から再就職へのステップを一から紹介しています。

今は同じ企業に三年働く時代ではありません。

合わないと思ったら三か月で次を探す時代です。

自分の時間をもっと大切に!退職・転職を考えている人はこちらのページからどうぞ!



-体験記, 就職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

就活!ついに目覚めし自立心

コージです。前回の エア出勤!無職という名のラビリンス の続きです。 こうして真の意味での自立心を取り戻した私は、ついに嫌々ではなく、 自分のために働くことにしました。 あれだけ働きたくなかったのにど …

国家一般職!官庁訪問って何!?人事院面接で落ちる好例

コージです。公務員試験!資格の大原のテキストは神 の続きです。   国家一般職の試験でボーダーラインを超えた成績をとり、無事合格しました。 ところで、皆さんは国家一般職の試験に合格した後のス …

人間関係リセット!後悔の念、持つべきものは友

コージです、初めての派遣ライフ!楽と不安は表裏一体 の続きです。 以前の日記「三か月で退社!武勇伝系上司、この世で一番ウゼェやつ」で喧嘩別れした(というか私が一方的に距離を置いた)友人のお話をしました …

エア出勤!無職という名のラビリンス

コージです。前回の 三か月で退社!武勇伝系上司、この世で一番ウゼェやつ の続きです。 すっかり無職となった私ですが、気分は晴れやかです。 「さあこれから親になんて説明しようか・・・」 悩んだ挙句私は最 …

公務員試験全落ちの腹いせにとりあえず免許取ろうの巻

コージです。市役所、最終面接!死のお客様対応 の続きです。 前回、公務員試験に全て撃沈しました。 公務員試験に全滅したわたしは迷子になりました。 試験に落ちて「あ~あやってらんね^^時間返せクソ^^」 …